潰瘍

 
 
陥入爪(かんにゅうそう)の注意点
巻き爪ができて、足の指が化膿したことは
ありませんか?
足の指の巻き爪の唯一の完全な治療は食い込んでいる爪を取り出すことです。
軟膏をぬったり足浴をしてもその場しのぎにしかすぎません。
足の指への血流が悪い人が化膿したまま指を放っておくと皮膚が潰瘍化し、大変治りにくくなります。
巻き爪が原因の皮膚創傷が血流が悪いために壊疽(えそ)になってしまうことさえあります。
巻き爪ができて化膿しているなら皮膚科の先生に診てもらいましょう。
もしそれでも治らないようでしたら
創傷ケアセンターに相談してもよいでしょう。
 
感染の範囲、程度はレントゲンだけでは完全には判断ができません。
術前にMRIを撮る事は感染がある足には必須です。
術前のMRIの必要性
足の診断・術前検査に欠かせないのがMRIである。問診・触診・レントゲンでは判断がつかない内部の深い部分の感染・異常を見つける事が可能となる。
外科手術の術前に胸部腹部レントゲン、心電図、血液検査を行うように、慢性創傷の患者の術前には創部、全身のアセスメント、レントゲン、培養、血液検査、SPPそしてMRIをルーティン化する必要がある。
MRIの必要性を下記の症例で説明する。
見た目では、蜂窩織炎は足背側のみ。壊死部分も限局している。
レントゲンでも骨に影響があるのは第4趾のみ。手術で第4趾MP関節で切除したところ、感染がすべて取りきれると考えた。
 
糖尿病の第4趾の感染
第4趾の切断
足背に蜂窩織炎による
感染と第4足趾の壊疽あり
骨髄炎による
第1趾部分切断の既往
第4趾をMP関節にて切除。
手術箇所はきれいになり、
更なる感染所見は無くなる。
MRI上に見る第4趾末節内腔の腫瘍
 
 
 
切断は患者様にとっては重大な決定です。治療のどの時点で切断の判断をしなければいけないのかは、医療従事者にとっても大変重要な決定事項です。
足趾切断Q&A
Q1. 足趾切断をする際の基本的ルールは?
米国におきまして、現時点での代表的な文献は以下になります。
How to Determine the Appropriate Level of Amputation
Kathleen Satterfield, DPM
Podiatry Today ISSN: 1045-7860 Vol. 18, Issue 1, January 2005: pages: 59-66
基本的に足趾は手指とは異なり、機能性は少ないです。バイオメカニクス上での足趾の主な機能は、足の位置を脳へ送り、歩行中・立位中のバランスの補助をするproprioceptionという機能がメインとなります。よって、大げさに言えば、足趾を完全に切断しても、人間は十分に歩行可能であるということです。
形成外科では、手指が外傷などで欠損した場合、足趾を切り取って移植をする、という手法がご存知かと思います。
同時にTMA切断後も、切断部が完治し、適切な足底盤や簡易なAFO(短肢装具)さえあれば、殆どの患者様は普通に歩行することが可能です。
Q2. 1本でも足趾は残すべきなのか、今後潰瘍再発の可能性が高ければ、足趾は全て切除すべきなのか?
足趾を中途半端な状態で温存し、骨髄炎や潰瘍発生の可能性が高い場合は、思い切って切断するのも一案ではあります。
ある年のDF Conference(糖尿病性足病変カンファレンス)へ参加したエキスパート・パネルの意見によると、骨髄炎は常に外科疾患であり、足趾に骨髄炎があると再発率がとても高いということを考慮すれば、抗生剤だけではなく、外科的手法により骨髄炎部を徹底的に切除することが重要とのことで話がまとまりました。
この議論の中心になったミシガン大学の文献は:
Osteomyelitis of the foot and toe in adults is a surgical disease: Conservative management worsens lower extremity salvage.
Henke PK, Blackburn SA, Wainess RW, Cowan J, Terando A, Proctor M, Wakefield TW, Upchurch GR Jr., Stanley JC, Greenfield LJ.
Ann Surg. 2005 Jun: 241(6): 885-92; discussion 892-4.
治療の概念としましては、第1~5趾のうち、第1MP関節が足先の50%、第2~5MP関節が残りの50%の体重を支えます。 よって第1MP関節は比較的重要で、第1趾を残した場合は踏ん張りが効く事から、それを残して装具を工夫したほうが歩行にメリットがあるという考えはあります。同時に、第2、3、4趾と中途半端な足趾が1本残るのなら、再発リスクも高く、装具の工夫も困難にて切除したほうが良いとも言えます。
しかしこの考えも患者様のADLや希望により異なりますので、一概に決められるものではありません。ありません。
ただ、足趾1本でも残して欲しいというご希望で、それが可能な場合、選択としては第1趾及び第1MP関節を残すことが最もメリットが高いと言えます。
 

お問い合わせ先

東葛クリニック 千葉県松戸市樋野口865-2 047-364-5121 http://www.tokatsu-clinic.jp/